借金問題解決

借金問題解決

多重債務でお悩みの方

貴方は借金の返済に困っていませんか。
督促が来る、工面して支払う、生活費が足りなくなる、又借りる、
そんな繰り返しから、早くぬけだしましょう!

一刻も早く悩みを解決しましょう。悩んでいる時間は無駄です。
アイエヌジー司法書士事務所に依頼すると、まず債権者からの督促が止まります。督促が止まれば気持ちにゆとりが出て、ゆっくり、次のどの手続きをとるかを考えることが出来ます。

※アイエヌジー司法書士事務所への手数料は、分割払いが可能です。

債務整理の方法

長い間返済していなかった人 → 消滅時効援用
毎月の支払が減れば分割で返済していける人 → 任意整理
借金が多すぎて、返済できない+財産がある人、住宅ローンの返済で困っている人 → 個人再生
借金が多すぎて返済できない+財産が無い人 → 自己破産
アイエヌジー司法書士事務所に手数料を支払えない人 → 法テラス援助申込
長い間支払っていた人 → 過払い請求

借金問題相談の流れ

アイエヌジー司法書士が債務整理のご相談を受けた際の解決までの流れをご説明します。多重債務の整理や過払い金の返還など、借金のお悩みを法律の専門家が解決いたします。
借金問題相談の流れ

Step1 ご相談

現在抱えていらっしゃる債務について、状況を詳しく伺い、どのような方法で対処するのが最適かアドバイスいたします。相談料については、お電話、お越しいただいての面談にかかわらず、いただいておりません。

Step2 手数料の説明

基本手数料は1件につき3万円(税抜)、分割払いも可能です。ご相談内容に応じて、手数料の説明をいたします。
以前は過払い金の発生もありましたが、最近では利息制限法を遵守しているところがほとんどですので、過払い金の発生は稀です。弊事務所では厳格にチェックし、過払い金があれば、相手企業に返還してもらいます。

Step3 受任

手続きの依頼をお受けした時点で、返済を迫る相手企業に、当事務所が債務整理を受任した旨の通知を送付します。
この手続きにより督促はなくなります。また相手企業との和解が成立するまでは、返済も一旦停止となります。

Step4 当事務所に手数料を分割で支払う

Step5 取引履歴チェック

相手会社から送られてきた取引履歴を確認し、利息制限法に引きなおして計算いたします。
このとき送付された取引履歴に不正がないかもチェックします。
この計算により残債務金額がいくらに減るか、または過払い金が戻ってくるかがはっきりします。

Step6 和解(残債務返済・過払い金返還)

Step7 債務者へ分割で返済・過払金返還

残債務返済
利息制限法に引きなおして計算をしても債務金額が残った場合には、今後の支払いについて、利息分の免除と、支払い可能な分割方法での返済が可能になるよう交渉いたします。交渉に当たっては、依頼者のご意見を十分に反映するように心掛けております。

過払い金返還

利息制限法に引きなおして計算し、過払いがあることが判明した場合、相手企業に返還してもらいます。

時効援用

長い間支払っていなかった場合、時効になっていることが考えられます。その場合、時効の援用をすれば、債務はなくなります。
一般的には、支払っていなかった期間が5年続くと時効の可能性があります。しかし債権者が時効の中断(裁判など)の手続きをしていると、時効にはなりませんので、一概に決めつけることは出来ません。アイエヌジー司法書士事務所では、時効にかかっているかの調査も行います。
せっかく時効になっているのに、支払いを再開すると、時効の援用が出来なくなりますので、注意が必要です。
 1 まず、借金の返済を、債権者に待ってもらいます。
 2 アイエヌジー司法書士事務所の手数料(1社につき3万円(税別)を分割で支払います。
 3 その間にアイエヌジー司法書士事務所で、債務の調査を行います。
 4 時効になっていれば、時効の援用を債権者に対して通知します。
 5 時効になっていなければ、任意整理を行います。この場合、任意整理の料金は支払済となります。
                   アイエヌジー司法書士事務所の手数料:1社3万円(税別)

(例)A社から100万円の借金の督促を受けた場合


①手数料33,000円(税込)を毎月11,000円(税込)ずつ3回に分けて支払う。
②アイエヌジー司法書士事務所では、A社から取引履歴を取り寄せて、調査を行う。
③時効にかかっている場合、消滅時効の援用をA社に通知して、債権債務関係を終わらせる。
④複数の会社に借金がある場合でも、同じように解決出来ます。

デメリット


特にデメリットはありません。
信用情報については、時効の援用をして債務が無くなっても、消してもらえるとは限りません。
一般的には、時効の援用をしてから信用情報が消える迄に5年かかると言われています。会社によって信用情報の取扱いは異なりますので、それぞれの会社に問い合わせる必要があります。

任意整理

現在の毎月の返済金額を減らすことが出来れば返済できる方は、この手続きをお勧め致します。将来利息を0にしてもらい(債権者によっては出来ない場合もあります)、貴方の出来る金額で、分割で支払っていく方法です。
 1 まず、借金の返済を、債権者に待ってもらいます。
 2 アイエヌジー司法書士事務所の手数料(1社につき3万円(税別)を分割で支払います。
 3 債権者に分割で返済を開始します。
                   アイエヌジー司法書士事務所の手数料:1社3万円(税別)

(例)A社に60万円の借金がある場合


①手数料33,000円(税込)を毎月11,000円(税込)ずつ3回に分けて支払う。
②その後A社に11,000円(税込)ずつ60回に分けて返済する。(※ほとんどの債権者が将来利息を免除してくれます。)
③複数の会社に借金がある場合でも、同じように解決出来ます。

デメリット


信用情報に貴方が債務整理したことが載り、貴方は借金が出来にくくなります。しかし5年間の分割払いをした場合、貴方が返済を終えた頃にちょうど5年が経っていれば、情報は削除されます。借金返済の為に借金を重ねる生活は、一刻も早く止めましょう。

個人再生

現在の借金の金額を返済することは出来ないが、5分の1に減らせれば分割返済が可能な方で、下記のような事情がある場合、この手続きをします。
  ☆住宅ローンがあり、家を手放したくない方
  ☆職業柄、自己破産が出来ない方
    例 生命保険の勧誘員・警備員等
    
借金の5分の1(但し借金が500万円以下の場合は100万円)又は貴方の財産金額のどちらか多い方を、3年から5年で分割返済してゆく手続きです。
※住宅ローンは5分の1にはなりません。その代わり自宅は維持出来、返済方法変更の交渉が可能です。
※財産とは 預金、不動産、生命保険の解約返戻金、車、退職金等です。
(退職金は、仮に会社を辞めた場合にもらえる金額の8分の1を計上)
                     アイエヌジー司法書士事務所の手数料:25万円(税別)

 1 まず、借金の返済を、債権者に待ってもらいます。
 2 アイエヌジー司法書士事務所の手数料(25万円(税別))と申立時にかかる収入印紙代・切手代・予納金(約3万円)を分割で支払います。
   アイエヌジー司法書士事務所の手数料の他に再生委員の手数料がかかります。
   裁判所により支払方法、金額が異なりますので、お問い合わせ下さい。
 3 裁判所に申立てします。
   再生委員の手数料を一括又は分割(裁判所により異なります)で支払います。
 4 再生計画案を提出します。
     債務金額を縮小(合計金額の5分の1又は100万円のどちらか多い金額)し、何年で支払うかを決めます。
     普通は3年間(36回)ですが、無理な場合は5年間まで可能です。
     100万円を5年間で返済すると、毎月の返済金額は1万7000円弱となります。
 5 裁判所の認可決定が出たら、約2か月後から分割返済を始めます。

(例)住宅ローンのある会社員Cさんの場合


Cさんは大手の会社の社員ですが、子供の入学金、学費等で600万円の借入があります。
Cさんには自宅マンションの住宅ローン3000万円が別にあり、返済は毎月7万円(ボーナス時別途)です。
返済が苦しくなり、そのままでは自宅を手放さなければならなくなり、個人再生をすることにしました。
この場合、住宅ローンは従来どおり分割で支払い、借金600万円の5分の1の120万円又はCさんの財産全部のどちらか多い方の金額を分割で支払っていくことになります。
Cさんが、今、会社を退職したら退職金が500万円出ます。退職金の8分の1が財産として計算されますので、62万5000円が計上されます。Cさんには退職金の他に会社の積立金・預貯金が70万円ありますので、Cさんの財産は合計132万5000円となります。
120万円と132万5000円とを比べて、多い方の132万5000円を分割で支払っていくことになります。
Cさんはこの金額を5年(60回)で支払うことにして貰ったので、毎月約2万2000円を支払っています。

デメリット


長い間の分割返済なので、途中で事情が変わり(例えば 失業)、返済を続けていけなくなる可能性がないとは言えません。 その場合、せっかく頑張って返済していたことが無駄となり、自己破産せざるをえなくなることもあり得ます。

自己破産

自己破産とは、多重債務に陥っていて生活に支障をきたしている人が、借金を全て0にして、新たに出直す為の手続きです。ご自分に財産がある場合は、その財産は債権者の為に手放さなければなりません。とはいえ、全ての財産を手放すということではありません。
例えば自動車ですが、自己破産申立ての時の処分査定金額が20万円以下でしたら、持っていても大丈夫です。
裁判所にもよりますが、この20万円という金額は、財産ごとに判断されます。預金だったら、各銀行の残高を全部合わせた金額となりますが、生命保険の解約返戻金とは別扱いになる、という意味です。
                            アイエヌジー司法書士事務所の手数料:30万円(税別)
 1 まず、借金の返済を、債権者に待ってもらいます。
 2 アイエヌジー司法書士事務所の手数料(30万円(税別))と申立時にかかる収入印紙代・切手代・予納金(約2万円)を分割で支払います。
 3 アイエヌジー司法書士事務所が書類を作成して、裁判所に申立てします。
 4 裁判所で免責許可決定が出れば、貴方の借金は無くなります。
 
注意点
次のような場合、管財事件(破産管財人がついて調査を受ける)になったり、免責決定(債権者に支払わなくてよいという決定)されない場合がありますので、気をつけて下さい。
   嘘をついて借りた場合
   浪費・ギャンブルをする為に借りた場合
   一部の債権者だけに返済していた場合
もちろんアイエヌジー司法書士事務所で適切な助言をしますので、隠さず知らせてください。
  
自己破産申立が出来ない場合
  過去7年以内に自己破産をしたことがある人
この場合もアイエヌジー司法書士事務所で適切な助言をしますので、隠さず知らせてください。


Aさんは8社から総額600万円の借金があり、毎月の支払いが15万円を超え、返済が遅れがちになっていました。Aさんの月収は30万円です。
最初は任意整理で毎月の支払いを減らし、分割で支払っていこうという意向でした。
しかし任意整理では毎月10万円ずつ五年間かけて返済しなければならないことがわかり、自己破産の手続きを選びました。Aさんは会社員で、退職金が150万円(その時すぐに会社を辞めたとして計算します)ありましたが、8分の1で計算しますから18万7500円<20万円となり、財産が何もないと判断されるので、自己破産でも一番手続きの簡単な同時廃止手続きが可能でした。
Aさんは自己破産をしましたが、誰にも知られることなく、手続きを終えました。

デメリット


自己破産をすると就けない職業があります。(生命保険の勧誘員・警備員等)

法テラスへの援助申込  手数料はかかりません

法テラスの援助を申請して、無料で自己破産の手続きが出来ます。申請は、アイエヌジー司法書士事務所が行います。
お問い合わせ下さい。

(例)


Bさんは体調が悪く働けなくなり、借金の返済が出来なくなりました。
Bさんは収入が無くなり、生活保護を受けることになりましたが、債権者からの督促は続いていました。
しかし、生活保護のお金は生活に使う為のものなので、借金の返済には回せません。生活にぎりぎりの金額ですから、回す余裕もありません。
Bさんはアイエヌジー司法書士事務所に相談して、法テラスの援助を受けて、自己破産をすることにしました。
アイエヌジー司法書士事務所で法テラスの援助を申請し、無事に援助を受けることが出来ました。
その後Bさんはアイエヌジー司法書士事務所によって、自己破産の手続きを完了しました。
Bさんは、早く病気を治して、又働くことを目指しています。

過払い請求

貴方と消費者金融会社との取引が平成20年以前から始まっていれば、過払いの可能性は大きいといえます。

貴方がその会社からの借入を完済している場合

時効にならないうちに、過払い請求をしましょう。時効は完済してから10年ですが、
消費者金融会社は、貴方が思ってもみなかったことを根拠にして、時効を主張してきます。

貴方がその会社にまだ借入がある場合

利息制限法に引き直し計算をして、過払いになっているか、まず確かめる必要があります。
アイエヌジー司法書士事務所に調べてもらい、過払いだったら返済をストップして、過払請求をしましょう。

(例)夫の遺した借金


Cさんの夫が亡くなり、Cさんは夫がある消費者金融会社から長い間、借りては返すの繰返しをしていたことを知りました。借金の残額が100万円近くあり、Cさんは途方にくれてしまいました。
Cさんからの御相談によりアイエヌジー司法書士事務所で調べてみました。取引の最初の頃は利息制限法以上の利息を支払っていたので、利息制限法に基づく計算をしてみると、120万円位の過払いが生じていました。
Cさんは夫の借金を返すどころか、過払い金とその利息(5%)の合計150万円を受け取ることが出来ました。

デメリット


デメリットはありません。

手数料

・調べるだけの場合は無料です。
・完済で過払いが無い(利息制限法以内の取引)場合も無料です。
・過払があった場合、1件3万円プラス戻ってきた過払金の2割と消費税です。
(手数料は、過払金が戻ってきた時に精算していただきます。)
(過払金が少なかった場合、例えば5万円位の場合は基本料金3万円は無しで手数料は折半となります。)