借金問題

多重債務でお悩みの方

借金が収入に比べて多すぎ、生活に支障をきたしている状態を多重債務と言います。
まずアイエヌジー司法書士事務所に債務整理を依頼して、債権者からの督促をストップしましょう。依頼すればすぐに督促は止まります。
誰にも知られることなく手続きを進めることが出来ますので、安心して下さい。

債務整理の方法

毎月の支払が減れば分割で返済していける人 → 任意整理
借金が多すぎて返済できない+財産が無い人 → 自己破産
借金が多すぎて、返済できない+財産がある人 → 個人再生
住宅ローンの返済で困っている人 → 個人再生

手続きの手順

1メール又は電話でアイエヌジー司法書士事務所に連絡をする。

納得のいく迄、何回でもメール、電話でのやりとりは出来ます。

2面談をする

お悩みの内容を詳しく聞いて、どのような解決方法が良いか、アドバイス致します。

3債務整理を依頼する。

支払いは分割でも大丈夫です。

4アイエヌジー司法書士事務所への手数料を分割で支払う。

アイエヌジー司法書士事務所への手数料を分割で支払いっている間、債権者には返済又は他の手続き(自己破産・個人再生)を待ってもらいます。

任意整理 手数料:1社3万円(税別)

(例)A社に60万円の借金がある場合


①手数料33,000円(税込)を毎月11,000(税込)ずつ3回に分けて支払う。
②その後A社に11,000円(税込)ずつ60回に分けて返済する。(※ほとんどの債権者が将来利息は免除してくれます。)
③複数の会社に借金がある場合でも、同じように解決出来ます。

デメリット


信用情報に貴方が債務整理したことが載り、貴方は借金が出来にくくなります。しかし5年間の分割払いをした場合、貴方が返済を終えた頃にちょうど5年が経っていれば、情報は削除されます。借金返済の為に借金を重ねる生活は、一刻も早く止めましょう。

個人再生 手数料:25万円(税別)

借金の5分の1(但し借金が500万円以下の場合は100万円)又は貴方の財産金額のどちらか多い方を、3年から5年で分割返済してゆく手続きです。

※住宅ローンは5分の1にはなりません。その代わり自宅は維持出来、返済方法変更の交渉が可能です。
※財産とは 預金、不動産、生命保険の解約返戻金、車、退職金等です。
(退職金は、仮に会社を辞めた場合にもらえる金額の8分の1を計上)

デメリット


長い間の分割返済なので、途中で事情が変わり(例 失業)、返済を続けていけなくなる可能性がないとは言えません。 その場合、せっかく頑張って返済していたことが無駄となり、自己破産せざるをえなくなることもあり得ます。

自己破産< 手数料:◯◯万円(税別)

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

デメリット


テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

手続きの手順

貴方と消費者金融会社との取引が平成20年以前から始まっていれば、過払いの可能性は大きいといえます。

貴方がその会社からの借入を完済している場合

時効にならないうちに、過払請求をしましょう。時効は10年ですが、
消費者金融会社は、貴方が思ってもみないことを根拠にして、時効を主張してきます。

貴方がその会社にまだ借入がある場合

利息制限法に引き直し計算をして、過払いになっているか、まず確かめる必要があります。
アイエヌジー司法書士事務所に調べてもらい、過払いだったら返済をストップして、過払請求をしましょう。

手数料

・調べるだけの場合は無料です。
・完済で過払いが無い(利息制限法以内の取引)場合も無料です。
・過払があった場合、1件3万円プラス戻ってきた過払金の2割と消費税です。
(手数料は、過払金が戻ってきた時に精算していただきます。)
(過払金が少なかった場合、例えば5万円位の場合は基本料金3万円は無しで手数料は折半となります。)