よくあるご質問

多重債務・過払い請求 よくあるご質問

民事再生または自己破産したいが、一部の債権に連帯保証人がついている。
連帯保証人に請求がいくことになるので、手続きを始める前に債権者や連帯保証人と話しあうことが必要です。次のような場合が考えられます。
1 連帯保証人に迷惑をかけたくない場合
   アイエヌジー司法書士事務所に受任して貰い、まず債権者に支払いを待ってもらいます。民事再生または自己破産の手続きが
   終わってから、債権者と和解契約を結んで、貴方が分割で支払ってゆきます。
2 連帯保証人には何の財産も無い、どこにも勤めていない場合
   アイエヌジー司法書士事務所に受任して貰い、連帯保証人に支払い能力が出来るまで、債権者に待って貰います。
3 連帯保証人が支払ってもかまわない。
   連帯保証人に支払って貰います。
色々な事情が考えられますので、とりあえずアイエヌジー司法書士事務所に相談してください。
友達に頼まれて、名前を貸しただけなのに、ある日サラ金業者から請求がきた。
名前を貸しただけでも、貴方が契約の当事者として返済しなければなりません。
一つ問題があります。貴方が支払ったことにより借入枠が増えるので、友達が又借りてしまうことが考えられます。
思い切って債務整理をするなど、友達が二度と借入れが出来なくなるようにしておく必要があります。
偶然、夫が多重債務者であることを知った。
夫を責めるよりは、夫の協力を得て、債務整理を始めましょう。
責めると本当のことを言ってくれなくなるので、ご自分の感情を抑えて、事情を聴きだして下さい。場合によっては、夫の家族の協力が必要になるかもしれません。貴方が巻き添えにあうことはほぼ確実なのですから、力を合わせて解決するしかありません。
夫を説得して、アイエヌジー司法書士事務所などの専門家に相談することをお勧め致します。
5~6年前に、サラ金業者から借金し始め、現在7社から250万円借りている。今の状態では、月々3万円の返済がやっとだが、これでは、利息分も支払えない。
債務整理を始める必要があります。
毎月3万円の返済が本当に可能かどうか、ご自分の収入と生活費に照らし合わせて、よく検討してみてください。分割返済だと250万円÷3万円=83回となり、通常60回の返済が要求されますので、かなり厳しい状態ですが、債権者によっては諸事情を考慮してくれますので、OKしてもらえる可能性はあります。
分割払いが駄目な場合には、他の手続きを検討する必要があります。どちらにしてもこのまま頑張って支払ってゆくのは無理ですから、アイエヌジー司法書士事務所に相談して下さい。
闇金業者が勝手に銀行に5万円振り込んだ。10日に一度2万円を返済して3カ月になるが、どうしたら良いか。
当事務所におまかせください。支払済みのお金は取り戻せないかも知れませんが、請求は止まります。
オレオレ詐欺で、銀行に振り込んでしまった。取り戻すことはできるか。
銀行口座から引き落とされる前に、振込先支店に連絡すれば、引き落しを止めることができます。早い対処が必要です。
借金総額500万円。収入は25万円のみで月々3万円の返済がやっと。できるだけ自己破産はしたくない。
個人民事再生をおすすめします。個人民事再生なら、借金額を5分の1(100万円以上)までに減らし、3年間の月賦払いができます。