相続問題

相続問題

貴方は遺言書を書きましたか。
貴方の一生の集大成ともいえる大切な財産を、どのように遺してあげるか、考えどころですよね。一度決めても、考えが変わることだって、よくあることです。
その場合は、後から書いた遺言書が有効となりますので、時々書きかえるのも良いかもしれません。

遺言書を書く目的

☆貴方の財産について、誰にどのように相続させるかという意志を明らかにすることにより、相続人に対して貴方の気持ちを表す。
☆遺産を平等に分けられない時、相続人それぞれに不平・不満があったとしても、相続の手続きを簡単にする。

遺言書の種類

一般的には、次の2種類があると考えて下さい。
  公正証書遺言
  自筆証書遺言

遺言書作成

遺言書作成に当たって、それぞれの特徴と注意点をご説明致します。
公正証書遺言
メリット
   公正証書遺言書があれば、そのまますぐに相続登記が出来、預貯金の分割手続きにも使える。
デメリット
   証人二人が必要。
   公証役場に行かなければならない。
   費用がかかる。
   遺言書の書き換えが簡単ではない。


自筆証書遺言
メリット
   費用がかからない。
   遺言書の書き換えが簡単。
   自分一人で書ける。
   (注 自筆証書遺言により、誰にも知られることなく貴方の意志を遺すことが出来ます。
     しかし、全て自筆で書いているか、訂正方法は適切か、日付、署名、押印等、細かい部分で様式を外れていると、
     無効となってしまいます)
デメリット
   法律の規定どおりに書いていないと、無効になる。
   亡くなった後、検認の手続きが必要。


遺留分について
   遺言書作成の時、必ず考慮に入れておきたいのが、遺留分です。
   遺留分とは相続人に法律上保障された一定の割合の相続財産のことです。配偶者には4分の1
   子供には2分の1×子供の人数分の1×2分の1の遺留分があります。
   もし貴方が遺留分を侵害する遺言書を書いておきたいならば、あらかじめその人と話合いをもち、納得させておくことが必要です。
   さもないと、相続した人が侵害された人に、遺留分を現金で支払わなくてはならなくなる可能性が生まれます。
せっかくの遺言を破棄されてしまうこともありえます。
そのようなことが無いように、アイエヌジー司法書士事務所に御相談下さい。
色々なケースが想定されますが、他人同士と違って、肉親間ではそれぞれの想いがありますので、骨肉の争いに至ることもありえます。
円満解決・早期解決の為にも、専門家を入れることをお勧め致します。
アイエヌジー司法書士事務所では、それぞれの事情を考慮しつつ、法律に添って解決してゆくようにしております。